ゆめ色のヒストリア

仄暗い世界に魅力を感じる、 一輪の花の夢物語です。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぞえうた

唄詩

ひとつ
光が消えました
ひらひらと蝶は惑います

ふたつ
深みに嵌まります
振り上げた刃狂います

みっつ
見つけて見失う
未練ばかりでも壊れます

けたけた
胎児が笑います
死んだ自分を笑います

何処かへ向かおうか
あの蝶を追いかけて

よっつ
齢はありません
欲ならば命を求めます

いつつ
茨が果てしなく
生きている力誇ります

むっつ
迎えの灯篭が
夢幻から蝶を誘います

けたけた
胎児が笑います

地獄へ向かおうか
あの蝶を追いかけて

心の迷子

唄詩

わたしの心は
今 迷子

どこへ行ったの?
帰っておいで?

声がする

あなたは誰?
わたしは誰?

怖くて怖くて
逃げている
自分自身から
逃げている

廻って廻って
戻らない
自分自身へと
戻らない

助けてください

一言が
心が死ぬまで
言えなくて

ごめんね わたし
泣かないで

ごめんね わたし
泣いている

夢の中

唄詩

人が恋しい
夢の中
此処には誰も居ないから

人が恋しい
今の夢
どうして誰も居ないのか

橋を渡って
虹を越えて

空を過ぎて
道を通って

辿り着くこの世界
誰も居ない
誰も居ない…

『此処に来て?』
「其処は何処?」

君の居る場所へ
現実の世界へ

『待ってて
  ………行くよ』

貴女はだあれ?

昏詩

今宵の獲物はだあれ?

蒼いおめめ 黒いおぐし
紅いおくち 白いおはだ

掴まえて 引き寄せて
噛みついて 砕く

熱い 甘い
香り 満ちて

嗚呼
恋しているわ

朱いなみだ 朱いしずく
朱いよだれ 朱いおにく

頬擦りし 抱き寄せて
噛み砕き 舐める

熱い 甘い
気だるい
想い 溢れ

嗚呼
愛しているわ

獲物の貴女はだあれ?

朱花舞音心中

唄詩

道を灯す朱い花びら
はらりはらり
舞い墜ちる度に

かさりかさり
響く足音
何処へ向かい

…辿り着けるのか

夢を遠く離れ段びら
きらりきらり
舞い降りる様に

かさりかさり
響く足音
其処へ向かい

…辿り着いたのか

道を汚す朱い花びら
ぽとりぽとり
舞い墜とす為に

愛し貴方と
共に露と消えましょう

愛し貴方を
露に還し笑いましょう

さあ…
狂乱と絶叫を
味わい
終わらない苦界
始めましょう 永久を…

««

Menu

私のこと

月花

Author:月花
人生に行き詰ったけれど、
それほど、悲観はしていない。

統合失調症で障害者になった、
私の想いや嘆きを
詩に乗せて飛ばしたいです。
ついでに、PTSDになりました。
DIDにもなっちゃいました。

もうひとつのブログ 
「属性★統合失調症 特性☆PTSD」

ホームページ
「セカイに潰されないように」


リンクフリーです!

誕生日カウントダウン♪

人気度数

[ジャンルランキング]
小説・文学
3291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

283位
アクセスランキングを見る>>

人気確認

応援ボタン

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ランキングに参加中

ぽちっとお願いします!

投票よろしく♪

容赦なくランク付けしてください!
修行します!(どうやって?)

新作

ご来訪

さがしもの

お友だちになりましょう

携帯から

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。