スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←零崎藍織の人間吟遊 【赤】 →零崎藍織の人間吟遊 【色】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【零崎藍織の人間吟遊 【赤】】へ
  • 【零崎藍織の人間吟遊 【色】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「小説 ヤミよ」
零崎藍織の人間吟遊 長編

零崎藍織の人間吟遊 【辛】

 ←零崎藍織の人間吟遊 【赤】 →零崎藍織の人間吟遊 【色】
 私は夕食の買い出しに出かけることにした。
 メニューはカレー。

 居間を覗くと、人識が舞織と遊んでやっていた。
 それにしても意外だった。

「けんけんぱっですう」
「上手だな、舞織ちゃん」

 人識も良い兄をしているが…ずいぶんと古い遊びを引っ張り出す。
 舞織は恐らく、生まれて初めてやるはずだ。

「買い物に行ってくるわ」
「いってらー、だぜ」
「いってらー、です」
 仲の良いことで。


「さあ、零崎が始まりますよ――」

 作品だって、勿論、作る気だった。

 近所のスーパーで材料を買う。
 じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、鶏肉、牛乳、カレールウ。
 凛のサプライズでルウを使い果たしていたので、2種類買った。
 カレールウはブレンドしたほうが美味しい。

 同じくカレールウを買い物かごに入れていた主婦と思しき女性に、【辛】と刻んだ。
 辛口を選んだから…なんて理由もあるが、生きるのが辛そうだった、というのが大きかった。


 家に帰ると、絡新婦ちゃんと燕識くんがいた。
 絡新婦ちゃんは凛と廉の恩人なので、下にも置かない扱い、
 燕識くんは、なかなか家に「帰って」来なかったので、床に座らされていた。

「僕はもうひとつの実家の方にちゃんと帰っていて…」
「黙れ」

 ごん。

「人識、燕識くんを虐めない」
「え?なに、この、扱いの差」
 わけが分からない風の人識は捨ておき、絡新婦ちゃんに言う。
「私のカレーを食べて行って」
「よろこんで」
 にこ、と笑う。
 癒されるわ…この人。

 双識兄さんがサラリーマンごっこから帰ってきた。


 私は調理に取り掛かる。
 自己流なので、ケチャップやコンソメ、シナモンスティック、水と同量の牛乳という、変則的なアイテムが加わる。
 切った野菜、唐揚げ用にあらかじめ切ってあった鶏肉と、ケチャップ、コンソメ、シナモンスティック、水を鍋に放り込み、15分煮る。炒めないのが、私流。
 そして2種類のカレールウを、割り入れると、かき混ぜながら、しばらく煮て…、

「人識」

 びくうっ。

「盗み食いは駄目よ」
「は、はは…本気で腹減ってんだ…皿食っていい?」
「もう少しでできるわよ」
 人識の腹が、ぐう、となる。
「5分待ちなさい」
「わかった…」
 声が死んでいる。早く作ってやろう。
 シナモンスティックを取り出し、牛乳を大胆に入れるとかき混ぜ、出来上がり。

 炊き上がったご飯をよそい、人識の分は大盛りにしてやる。
 そこにカレーをかける。人識の分は以下同文。


「できたわよ~。舞織ちゃん、運ぶの手伝って~」
「はいですう!」

 みんなで、
「いただきます」
 カレーの味は上々だった。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png
総もくじ 3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ 3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ 3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【零崎藍織の人間吟遊 【赤】】へ
  • 【零崎藍織の人間吟遊 【色】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【零崎藍織の人間吟遊 【赤】】へ
  • 【零崎藍織の人間吟遊 【色】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。