スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←今日を祈る →真夏の雪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【今日を祈る】へ
  • 【真夏の雪】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編集

「みんなしねばいい」

 ←今日を祈る →真夏の雪
 ひそひそ…。
 聞こえるように囁かれる陰口。内容はくだらない位に幼い、陰湿な、話。
 靴に画鋲を入れ。トイレに教科書を落とし、生理用品をばらまく。
 その対象となった少女、リカ。少し背が高くて、少し胸が大きくて、少し早く生理が来たから…、ターゲットになった。
 小学5年生になったばかりのリカ。そして、同級生たち。
 ミチは苛めとも思わずに苛めを続ける、グループのリーダー格。しかし、苛めに加担しているのはクラスの全員だった。誰も止めない。くすくすと笑いながら見ている、そんな彼ら、彼女らは、共犯者。

 ある日を境に恐怖に塗れ終わるクラスを、誰も、想像することもなく…。

「あー、リカ、牛乳飲みなよー」
 メイはリカのアレルギーを知っていながらからかう。
「そうだよ。好き嫌いは良くない」
 ミチが追いつめる。
 リカは牛乳を飲みほした。肌が赤くただれてくる。
「なにー?キショクワルー」
 がたん。
 リカは立ち上がり窓際に行った。
「そんなところで吐くんじゃないよ」
 担任は席を外している。

 リカは窓を開けて……、
「みんなしねばいい」
 校舎の3階から飛び降りた。

 凍りついたクラス。

 窓に駆け寄ると、下を見る生徒たち。
「う…げっ」
 恐ろしくおぞましい光景に嘔吐する生徒もいた。
 血塗れのひしゃげた身体。間違いなく、死んでいる。

 その時、担任が戻ってきた。
「ああ、どうしたんだお前ら…リカ、肌が真っ赤だぞ」
 再び、凍りつくクラス。
「お前ら、知らないで飲ませたのか?リカはアレルギーなんだ」
 担任はリカの席に行くと助け起こすようなしぐさをした。
「吐いたやつもいるんだな。保健室行くぞ」

 恐ろしいことが始まっている。誰も逃げ出すことはできない。その時、確かに聞こえた。

「みんなしねばいい」

 担任に助けは求められない。苛めの事実もリカが死んだはずなことも…言えない。

「どうしよう」
「どうしようって…リカは確かに…」
「ミチのせいだよ」
 醜い罪の押し付け合い。必死な彼女らの背後で、
「うふふ…」
「!?」
 聞こえないはずの笑い声。

「殺される…」
 メイの怯えた声。

 そしてそれは、間もなく現実の死となる…。

「きゃああああああああああああああああ」

 クラスの全員が知覚した、異常。腕を、脚を、胴を、髪を…窓際に引きずられる。リカだ。リカが殺しに来たんだ。何も知らなかった担任が、驚いて叫ぶ。
「どうした、お前たち、落ち着け!」

「きゃああああああああああああああああ」
「うわああああああああああああああああ」

 次々に窓際へ生徒たちは誘われ…ひとり、落とされた。
「おいっ!」
 生徒に駆け寄る担任は聞いた。

「せんせいはなにもしらなくていいよ」
「え…?」
 意識を失い、倒れる間にも、

 生徒たちが…落ちる落ちる落ちる、落とされる。
 全員が落ちた地面の血しぶき。
 その一番下で、リカの呪いは終わった…。


『不可解なクラス全員飛び降り自殺事件は迷宮入りとなりそうな模様だ。
担任教師も導かれるように飛び降り自殺をした。
この国の闇を物語るかのようなこの事件は現代に警鐘を鳴らす
―――××年××月××日』
関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【今日を祈る】へ
  • 【真夏の雪】へ

~ Comment ~

こんばんわ!

俺も中学の時にイジメられてて、心の中で「あいつら(イジメてたやつら)死んでくれないかな」と思ったことがあります。


人間ですからね、そういった感情があることは普通のことです。
むしろ、それが人間らしいと俺は思います。


ちなみに、イジメを見て見ぬフリをしている傍観者も同罪だと俺は思ってます。

Re: こんばんわ!

そうですね。
傍観者も同罪です。

陰湿ですからね。
目を合わせないとか、傍に近寄らないとか…。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【今日を祈る】へ
  • 【真夏の雪】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。