スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←空を掴む →終われない想い
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【空を掴む】へ
  • 【終われない想い】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「小説 ヤミよ」
零崎藍織の人間吟遊 短編

零崎藍織の人間吟遊 【哀】

 ←空を掴む →終われない想い
 今日が終わる…。
 沈む夕日を眺めながら思う。そして、私の今日が始まる。
「さあ、零崎が始まりますよ」

 今日の作品は赤いセーターの少女。隠された場所にあるモノが私には、分かった。
「こんばんは」
「え?」
 彼女に血塗れは似合わない。一滴の血すら流させない。私の、美学。

 そこには彼女が横たわっていた。彼女は死者だ。死者の手首にはたくさんの傷痕…。
「くす…、刻んであげる」

 私は一本の万年筆を取り出す。【犠牲宣詩】という名前の私の半身。鮮やかな藍色。ペン先を彼女の手首に向けた…。

【哀】

 彼女に刻む言葉は、彼女を一目見たときから決めていた。間違いなく、彼女は哀しんでいた。
 無難な愛の言葉をさえずる男女には見向きもせず、彼女を、選んだ。

 手首に【哀】を刻まれた彼女は頬をうっすらと笑みで彩っていた。
「嗚呼、美しいわ…」

 私は【犠牲宣詩】…サクリファイスコード。明日の夕日を見るときは、再び、零崎が始まるのだろう………。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png
総もくじ 3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ 3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ 3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【空を掴む】へ
  • 【終われない想い】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【空を掴む】へ
  • 【終われない想い】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。