スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←フラッシュバック →大きな葉っぱで相合傘
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【フラッシュバック】へ
  • 【大きな葉っぱで相合傘】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「炎國物語」
化恋〈バケコイ〉

2、ガドウショコラ

 ←フラッシュバック →大きな葉っぱで相合傘
 事務室には冷蔵庫がある。スイーツ作りを趣味とし、作っては食べずに捨てていた私の状況を知った機関長が設置したものだ。
 中から、我ながら良い出来だと思ったガトーショコラを取り出す。

 食べたいと言ってついてきた間姫と我堂はまだ言い争っていた。
「がとーで良いじゃないか…くふふ」
「てめえ、ぶっ飛ばすぞッ」
 我堂は言うが実行はしない。
 見た目は気が短そうな彼は、実はなかなか冷静だ。
 燃えるように赤い長髪と金色の瞳は猛々しく見えるが、人は見た目では分からない。更にいえば、間姫は我堂のように大きな身体ではないどころか、細い身体をしているが物凄く強いらしい。
「ガトーショコラは美味しそうです。オレはお茶を作ります」
「セキシさん、私は缶コーヒーを飲みますから、3人分…」

 どかっ。半開きで放置されていた扉を蹴り開け、冬馬が現れた。

「俺の分もだ!」
 その後ろから天木もやってきて、
「もうひとつよろしく」
 と、言った。

 冬馬と天木は仲の良い同僚だ。このふたりと行動することが多く、実戦ではチームも組む。3人でいると変食トリオなどと機関長にからかわれる。

「5杯作ります。紅茶です」
 セキシが紅茶をいれる間に私はガトーショコラを切り分ける。缶コーヒーも用意した。

「いただきます」

 私以外の全員が、力作のガトーショコラを口にする。
 私は甘いものが好きではないので…食べ物が嫌いなので食べない。
「…美味しい」
「うめえ」
 間姫と我堂の反応を見て満足する。

 冬馬と天木は『変食』を発揮していた。一気に全て自分の分を食べてセキシの分を狙う冬馬、ガトーショコラにマヨネーズをかけて美味しそうに食べる天木…。我堂が一瞬、呆けた。

「食べないんですか?零夜さん」
 全く気にしていない間姫が尋ねてくる。
「私は人間には食事は必要ないと常々、思っています。むしろ害悪です」
「あ…そう。味見してないんですね?」
「してません」
 言い切った。間姫は特にどうという反応も見せなかった。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png
総もくじ 3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ 3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ 3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【フラッシュバック】へ
  • 【大きな葉っぱで相合傘】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【フラッシュバック】へ
  • 【大きな葉っぱで相合傘】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。