スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←廃人 →フラッシュバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【廃人】へ
  • 【フラッシュバック】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「炎國物語」
化恋〈バケコイ〉

1、レイヤフルーツ

 ←廃人 →フラッシュバック
 今日は真面目に朝食を摂ろう。毎日そう考えるが実行に移せたケースは少ない…かなり。しかし、今日は上手くいった。
ドライフルーツの白桃とマンゴーを口にして、野菜ジュースを飲んだ。吐かなかった。
「チョコレートの刑は今日はなしですね」

 私は葵零夜。拒食とアルコール依存で上司の弥奈に目をつけられている。第5機関長である弥奈は厄介な能力を持っている。

 『悟り』…、彼は他者の心を感じられるのだ。実戦では敵の動きを片っ端から教えてくれるありがたいその力は、私の生活の実態をも暴く。心を閉ざすのは得意なのだが、心をどうして閉ざしているのかは簡単に見破られることだろう。そして、食事を摂っていないならこのチョコレートを食べろ、上司の命令が聞けないのか…と話が続くのだ。
 これを私はチョコレートの刑と呼んでいる。

 職場に着くといつもの通り、事務作業をしていた。
 化け物の起こした騒ぎについてのまとめ、行き場に困っている化け物たちの受け入れ先のまとめに、その地域の人口と人々の状態。
 化け物退治と呼ばれる第5機関の一面が垣間見える。ここは化け物たちの相談所でもあるのだ。

 ばりばりの武闘派でありながら、化け物相談室の室長をやっているセキシは実は化け物に育てられた捨て子だ。捨てられたとき幼かったため、化け物の言葉しか鳴けなかったセキシに人の言葉を教えたのは、化け物に家族を殺されながらも、その化け物以外は憎まず、悟りの能力から神童と呼ばれていた弥奈だ。
 セキシは時折、訪れる育ての親をシンと呼ぶ。真名は人には言わない。セキシは赤子、シンは親。赤子が捨てられているからと拾って育てたシンはセキシ、セキシと彼を呼んだらしい。もう大人になったのにとセキシは笑って話していた。

 昼休みにそのセキシがやってきた。
「やあ、零夜クン。オレは暇です。お腹が空きました」
 少し、言葉の組み立て方が変だが、意味は通じる。
「ガトーショコラがありますよ」
「それだあッ!」
「?」
 一応、知っている人間だった。『異能』と呼ばれる力を持つ者の互助組織である第6機関の第3副部長だ。確か名前は…、
「どうした?間姫」
 そうだ。有川間姫といった。今、現れた高塔我堂にマッキーと呼ばれ、切れていた。優秀ながら感情的な人だ。
「どうもしないよ。がとーしょこら君」
「俺はガドウだ!ふざけんな、この仕事人間ッ!」
 言い争う彼らに目を白黒させたセキシは一瞬で立ち直り、
「お腹がお菓子、欲しいって言っています」
 話を元に戻した。
関連記事
スポンサーサイト


総もくじ 3kaku_s_L.png
総もくじ 3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ 3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ 3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ 3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png わたくしごと
総もくじ  3kaku_s_L.png 
総もくじ  3kaku_s_L.png 歌うのはキミ
総もくじ  3kaku_s_L.png 炎國物語
総もくじ  3kaku_s_L.png ロート・ヘクセ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヒカリへ
総もくじ  3kaku_s_L.png 小説 ヤミよ
もくじ  3kaku_s_L.png 短編集
もくじ  3kaku_s_L.png 童話
  • 【廃人】へ
  • 【フラッシュバック】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【廃人】へ
  • 【フラッシュバック】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。