ゆめ色のヒストリア

仄暗い世界に魅力を感じる、 一輪の花の夢物語です。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在るがままに

唄詩

木枯らし泣いた
寒いよ 寒い
雀は言います
君のせいだ

ひゅうひゅう
風を切って
空を舞って
駆け抜ける

私は寒い
それが悲しい
北風に言う
そして
答えが意外で…

木枯らし吹いた
通るよ 通る
雀は言います
さようならだ

ひゅうひゅう
羽を切って
空を舞えず
落ちていく

雀は死んだ
それが悲しい
北風に言う
そして
答えを待たずに

一陣の清風は…
スポンサーサイト

夕焼け

輝詩

黒と赤が混ざり合う
漆黒の闇が迫り
光奪われる刻

刹那
沈みゆく太陽が
一瞬の魔法

鮮やかな夕焼け

暗く染まった夜の訪れ
深い夜のなかを
照らす街灯

真っ暗ならいいのに
煌く星が 月が
麗しく天で輝くのに

私のなかの宇宙は
何処へ
行ってしまったのかしら

あの夕焼けを
こころに焼き付けて
私だけの景色にしよう

空虚な想いを抱いて
ずっとずっと生きてきた
今は…
一緒に夕焼けを見られる

どうしてかな?
涙が零れる

赤く 甘く

闇詩

むせた それでも 呑み込んだ

街角の 女郎

首に 刃を 滑らせ

飲んだ 赤い 赤い…

血液は

いつしか 甘露の如く

甘く

望みへ 導かれるようで

永久の 命を

無二の 栄華を

笑っているのは 誰だろう?

夏は熱く暑く篤く

光詩

厳しい 季節が やってくる

熱く 暑く 篤く

夏は きみを 試している

輝く 季節に 負けないか

夏以上に 光 輝けるか

道半ば 倒れた人は日陰へと

ささやかな 涼しさに

倒れた人は 起き上がる

歩け 歩け

進め 進め

きみたちが 強く生きるため

儚い人の夢

唄詩

泡のように
水に包まれ
弾けて 消える
儚い 人の夢

此処にあった
何処にいった

其処はきっと
あの日々の中
取り残された処で

夢は眠り
始まり 終わる
目覚めと共に
夢として消える

忘れてる 重い事実
夢の中に何があった

失くして 泣いて
生きて 笑え

Menu

私のこと

月花

Author:月花
人生に行き詰ったけれど、
それほど、悲観はしていない。

統合失調症で障害者になった、
私の想いや嘆きを
詩に乗せて飛ばしたいです。
ついでに、PTSDになりました。
DIDにもなっちゃいました。

もうひとつのブログ 
「属性★統合失調症 特性☆PTSD」

ホームページ
「セカイに潰されないように」


リンクフリーです!

誕生日カウントダウン♪

人気度数

[ジャンルランキング]
小説・文学
3473位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

274位
アクセスランキングを見る>>

人気確認

応援ボタン

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ランキングに参加中

ぽちっとお願いします!

投票よろしく♪

容赦なくランク付けしてください!
修行します!(どうやって?)

新作

ご来訪

さがしもの

お友だちになりましょう

携帯から

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。